ホーム > 海外遠征 > 第8回ブータン・タイ遠征について

 

2012年8月吉日

2012年神戸市友好使節団

甲南大学柔道部ブータン王国、タイ王国遠征

 甲南大学柔道部顧問・監督 山崎俊輔

 

拝啓 残暑の候、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、この度、甲南大学柔道部は学生の技術や競技力向上を目指すと共に、海外の人々の友好を深め

ることを目的に、ブータン王国とタイ王国への海外遠征を下記の概要で計画しております。尚、タイ王

国では、ナショナル選手との柔道交流を計画しています。

今回は第8回の海外遠征となり、これまで国内外の多くの方々の温かいご支援を受けて、海外選手と

の試合や練習を行いながら各自の技術や競技能力を高めるとともに、「黒帯で世界の人々と輪をつなごう」を合言葉として、柔道を通じての国際交流に努めて参りました。

今、グローバルな人材を育てることが叫ばれている中、感性豊かな若者たちが、自分自身の目で見て、

肌で感じたものは彼らの今後の人生にとって貴重な財産になると確信しています。厳しい社会状況では

ございますが、こういう時ほど実践的幅広い教育が必要なのではないでしょうか。

今回の遠征も広く皆様方のご理解を賜り、実りあるもものになりますよう、一層の努力をしていきた

いと思っております。遠征の趣旨をご理解いただき、何卒ご支援賜りますようお願い申し上げます。

敬具   

 

(参考)「神戸市友好使節団」として過去に7回の海外遠征を実施しています。

第1回 1987年 中国(天津市)

第2回 1991年 フランス(マルセイユ・ツール地方)

第3回 1996年 オーストラリア(ブリスベン、パース)

第4回 2000年 アメリカ(シアトル)

第5回 2001年 フランス(ツレーヌ)

第6回 2005年 オランダ・フランス

第7回 2008年 スイス・フランス

目 的: 海外での柔道を通じて、各自の技術や競技力の向上を図るとともに、交流を行うことにより真の国際交流を図る。また、異なった文化・言語・価値観等を持った人々との交流により学生自らの積極性のある行動をして、自分の価値観を高め、より高い目標で学生達の可能性を引き出すことに努める。

遠征先: ブータン王国、タイ王国

期 日: 2012年9月9日(日)〜16日(日)

参加者: 指導者・学生 等 18名(予定)

 

 

以上

Copyright(C)2008 Konan Juyukai. All Right Reserved.

  • ウェブ全体を検索
  • 甲南柔友会のサイト内を検索