ホーム > 甲南柔道のあゆみ > 甲南中・高柔道部沿革  

甲南中学高校柔道部沿革     (注:各選手の段位については当時の段位を記載しています)

 

 

終戦後GHQの命令で禁止されていた学校柔道が復活されかけた昭和26年、同好会の形で再出発した。後藤素直教諭(八段・故九段)を顧問、西川雄作を初代主将に、時には東灘警察の道場を借りたこともあったが、主に旧体育館の半分を卓球班と共に使って練習を始めた。大学が発足した時で、中、高、大が一つになって和気あいあいと精進した。この年の9月植村三郎教諭も赴任し、後藤教諭と協力して生徒の指導に当たった。旧体育館が使用不能になった時は一時講堂の後隅の一部に畳を敷いて練習した。

2811月に行われた第2回県中学校柔道大会にて第3位になり、柔道部活躍の糸口になった。30年に至り、旧武道場が整備されて、文部省が実施を許可した学校剣道部と共用することになった。整備が整うにしたがって実力も向上し、33年度県高校新人大会で第3位となり、中学も神戸市大会、県大会を制し、近畿中学大会にて準優勝の成績を挙げた。個人でも県中学大会にて国弘勝が3位に入賞した。

ところが、柔道場も大学の膨脹で移転がなされ、野寄の甲南寮の位置に移った。また、後藤教諭は38年、定年制度のため非常勤講師となり、指導が手薄になってしまった。さらに、中・高が芦屋に移転をしても、最初1年間は道場がなく、大学の道場まで通って練習を続けたり、芦屋警察署の道場を借りたりした。しかし、395月には新築の体育館に96畳の柔道場が設けられ、村上優廣教諭を加えて、植村教諭と共に指導に当たり、以来春、夏の合宿を行い、毎日規則正しい練習を積み重ねた。

その様な状況の中で成果が現れ、42年度に中学が県中学大会で第3位となり近畿中学大会に出場。高校も44年度の県高校新人大会では第3位、近畿高校新人大会でも京都商業を敗り、天理高校に敗退したがよく善戦した。また、高校総体では翌45年度と2年連続でベスト8(8位、7)に入賞した。特に45年度の県高校総体では準々決勝で東洋大姫路に内容負けと後一歩であった。この時期県下では報徳に次ぐ実力を有していた。

45年、植村教諭が大学の専任(助教授)に栄転したため、新たに栗田隆介教諭が顧問に加わり、また、今井功七段(故八段)が体育の非常勤講師として着任し指導することになった。

46年度には中学が活躍、阪神中学大会を制し、県中学大会でも優勝候補であったがベスト8であった。

この後しばらく低迷するも52年には中学が活躍。再度阪神を制し、県中学大会でも3位となった。この年に新たに体育科非常勤講師として松本将三段が着任し指導に当たることになった。この年、永年甲南柔道の指導に情熱を捧げた村上教諭が、学園常務理事に栄転。代わって山西商平が顧問となった。

54年にはOBの光本秀行四段(現六段)が体育科非常勤講師として着任し松本講師と共に指導に当たった。そして56年には甲南柔道の発展に貢献した今井講師が勇退した。このころより高校は阪神地区では常にベスト4をキープする実力を有するようになった。

57年、松本講師が専任となり、指導が行き届くようになった。そしてこの年は甲南中・高柔道部にとり最良の年となった。まず6月の県高校総体個人試合軽量級(60kg)において上出正彦が2年生ながら見事優勝を果たし、甲南高校柔道部始まって以来の全国大会(インターハイ)のキップを手中にした。また、国体選手にも選出され島根国体では兵庫県チーム第5位の原動力となった。団体戦でも小兵チームで頑張り県高校新人大会でベスト8に進出した。58年も上出を中心に軽量陣が頑張り、県高校総体で塚本久道が60kg3位、県民大会で上出が71kg2位、大長和保が60kg3位、前年の県民大会(越智隆臣55kg3位、上出60kg3)に続いて好成績を挙げた。

60年、県高校選抜大会でベスト8に進出。

61年、光本講師が報徳学園専任となり退職した。

平成に入ってから高校は松本教諭の好指導のもと実力は安定し、阪神地区では常に2位の地位を確保し、県大会でもよく頑張っている。主な個人の活躍を挙げると、元年、県高校新人大会60kg3位、堀義治。4年、同大会95kg超級3位、九鬼。そして、11年度県高校総体90kg級で浅堀大が決勝に進出。準優勝であったが大いに健闘した。現在松本教諭と共に足立恵英教諭が顧問に加わり指導に当たっている。

 

Copyright(C)2008 Konan Juyukai. All Right Reserved.

  • ウェブ全体を検索
  • 甲南柔友会のサイト内を検索