ホーム > 甲南柔道のあゆみ              > 甲南大学柔道部沿革  > 甲南中・高柔道部沿革

 

甲南大学体育会柔道部のあゆみ

 

 甲南学園に柔道の種が蒔かれたのは、旧制甲南高等学校時代である。甲南学園を創立した平生釟三郎先生が、優れた体育教育の礎を築くため、日本伝講道館柔道の創始者で神戸(御影)出身の嘉納治五郎師範に優秀な指導者を嘆願したことに始まる。これを受けた嘉納師範直々の推薦により、後藤素直先生が1927年に旧制静岡高等学校より旧制甲南高等学校へ赴任され、柔道部が創部された。

 第二次世界大戦直後は、GHQ(連合国軍総司令部)により武道は禁止されたが、新制甲南大学開学の1951年に活動を再開。後藤先生の熱心な指導のもと、第一回神戸市学生柔道大会で準優勝の成績を収め、1953年には正式に甲南大学体育会柔道部が創部された。現在まで続く恒例の学習院定期戦も1956年に開始され、1959年の神戸市学生柔道大会では初優勝。ちなみに、神戸市学生柔道大会は、2005年より「自他共栄」の実践を目的として「KOBE自他共栄CUP−学生柔道大会−」となり、日本全国から有力大学が参加するオープン大会として開催されている。

 1961年の全日本学生柔道選手権大会に永井郁(1963年卒)が初出場、1962年の全日本学生柔道大会団体出場の口火を切る。以後、仙波隆一郎(1971年卒)が1969年と1970年の全日本学生柔道東西対抗戦に連続出場、1970年の関西学生柔道選手権大会では、選手権の部で準優勝の栄誉に輝く。福田康次(1982年卒)は1980年の全日本学生柔道体重別選手権大会65kg級で準決勝まで勝ち上がり、見事第3位を獲得した。

 1981年、長年にわたり指導に携われた植村三郎先生が逝去され、新たに山ア俊輔先生を迎える。「真摯であれ、妥協するな、限界を作るな」という熱血指導で、毎年全国大会へ出場し、関西学生柔道体重別団体優勝大会では第3位を2度獲得するなど現在まで安定した実力を誇る。個人では、植木輝(1992年卒)が全日本学生柔道東西対抗戦3回連続出場を果たしている。また、神戸市友好使節団として1987年の中国を皮切りにフランス、オーストラリア、アメリカ、オランダ、スイスおよび2012年のタイ・ブータンまで8回の海外遠征を行い、国際交流にも努めている。

  後藤素直先生以降、正統な講道館柔道の流れを汲む指導者に教えを受ける甲南柔道。現在では、光本秀行(1979年卒)、武井隆義(1984年卒)、曽我部晋哉(1994年卒)、榮大輔(1998年卒)、小丸剛(2000年卒)らの指導する柔道部が全国大会に出場するなど多くのOBが指導者としても活躍している。2007年には山下明善(2001年卒)が兵庫県の大学柔道部出身者として、史上初めての全日本柔道選手権大会出場を果たした。

 2008年には慶應・甲南柔道対抗戦が開始された。また、健全な青少年育成を目的とした「甲南ジュニアCUP柔道大会」を2011年から開催し地域との連携にも努めている。毎年1月初旬の鏡開き式には、小学生から大学生、卒業生まで甲南柔道の関係者が一堂に会し、六甲アイランドの大学柔道場でともに汗を流している。               (2013年8月記)

Copyright(C)2008 Konan Juyukai. All Right Reserved.

  • ウェブ全体を検索
  • 甲南柔友会のサイト内を検索