ホーム > 甲南柔道のあゆみ > 甲南大学柔道部の沿革

甲南大学柔道部の沿革          (各選手の段位については当時の段位を記載しています)

 

 本学は学生柔道の再開が許可された昭和26年の開学である。当哮柔道部は正式にはなかったが、同好者が東灘警察署の道場を借りて稽古を始めていた。これが甲南大学柔道部の曙である。

昭和284月、学友会発足と同時に正式に創部された。戦後の混乱から社会の状態が漸次秩序を取り戻しはじめていた当時の日本にあって、後薩素直先生を師範として健全な精神肉体の鍛錬、人間完成を目指して誕生したのである。しかし、戦争を挟んで数年のブランクがある為、経験者はほとんど無く、又当時柔道場は教室となっており、雨天体操場において細々と発足した。初代主将である岡本晟は何よりも基礎的な所から敲上げねばならないと考え、後藤師範の力説された「正しい柔道」を目標として、日々の練習に打込むことにより柔道部括動の第一歩を歩み始めたのである。そして、この年には神商大と初試合を行っている。

昭和29年になるとと他の六学との合同錬習や試合も徐々に活発となり、神戸市学生柔道連盟が創設され、神戸市学生柔道大会(神戸市五大学戦と呼ばれた)が行われることになり、その第1回大会では第二位の戦績を収めている。又、夏には講道館で初の合宿を行った。しかし、この頃はまだ練習においても質量共に不足していた様で、二代目主将森本力は当時を振り返って「その日その日、皆が集まって練習することで精一杯であった。10名以上集まれば回り稽古が出来て嬉しかった。」と語っておられる。所謂この時代は基礎固めの時代であったと言えよう。練習では植村三郎先生、笹井賢良氏の指導を受けた。30年正月には初の寒稽古を行い、日々の練習も段々充実していった。試合に於いては関西学生柔道大会に初出場、第一回兵庫県学生柔道大会に出場、更に第一回学習院定期戦では初戦を飾っている。

31年度、この年は基礎固めの終わりの年であったと言えるだろう。練習は日曜以外毎日、休憩中はそれぞれ二週間程しておりコーチ浜田亀干代氏の指導により一層強化きれた。夏にはチームワーク、基礎体力の増強を目的に淡路で合宿を行った。

32年度、高校で活躍してきた新人が数名入部し我部のカは大きく伸び、部としての形を整えてきた。野村隆一主将もこの機に部の礎を固めるべく務め、部の秩序及び練習方法等も徐々に確立した。当時現在の西館北側の所にあったボロボロの薄暗い道場(雨天体操場)から旧道場に移り、益々部員の意気も揚がり、試合に於いても好成績をあげたが、中でも河野直は大阪兵庫学生対抗戦にて優秀選手に選ばれた。

33年度に入っても特に12年の充実により、部の力は向上し、前年度に続いて神戸市五大学戦二位を確保し、近畿地区大学体育大会に於いても準優勝を遂げた。

34年度、谷川清主将、内橋章吉主務の目標は、五大学戦の制覇であった。この年、永井郁、野尻奏、井筒圭二郎、高橋隆太郎と強力な新入生を獲得し、春、新宮に於いて、又夏、金沢に於いて新井秀夫コーチに指導をお願いして強化を努め、見事五大学戦に優勝を遂げた。特にこの年11月には野寄の道場が完成し、名実共に大学柔道部として恥ずかしからぬまでに発展し、練習等に於いてもこれまでに見られなかった程の活気が漲り幹部の目標はここに達せられた。当時部員は47名で谷川三段を始めとして二段10名、初段10数名という陣容であった。

35年度に入ると田町良介主将は特に規律、礼儀等精神面の充実と部の和に力をそそぎ、着々と成果を上げ、今に至るまでこの伝統は受けつがれ、和気あいあいたる中に規律正しい事は甲南柔道部の誇りである。この年にも矢吹昌彦、大井洋三を始めとして強力な新人部員を獲得し、将来への布石を固めた。

36年度、先ず関西学生選手権において、永井郁がベスト8となり、全日本学生選手権へ甲南大学柔道部として初出場を果たした。

37年度には我が部は黄金期とも言うべき時代を迎え、岡元正夫氏にコーチをお願いし、井筒主将、永井、野尻両副将のもとに三段7名、二段10数名の陣容をもち、自信満々全国大会出場を狙い、全部員の結束のもと松山市に於ける強化合宿の後、関西大会に臨み堂々強豪に伍してベスト6に入り、宿願を果たし全国大会初出場を遂げた。又、矢吹昌彦が全日本学生選手権出場と活躍した。

38年度には柔道部も10年目を迎え、津田主将を始めとする幹部部員の目標は柔道部の確立と前年度以上の戦績であった。その為には積極的な新人の発掘、合理的な練習、部内の和に重点を置いた。特に全日本学生大会再度出場を目標に大きく抜けたレギュラーの跡を埋めるべく猛練習を続けた。幸いにして得た優秀な新人を含めて淡路にレギュラー合宿を行い、作戦を練り、練習を重ね、関西大会に備えたが、大勢には勝利を収めながら勝運つたなく僅か0.8点の差で7位にとどまり、部史10年目を飾れなかった事はかえすがえすも残念であった。しかし、個人戦に於いて大木貴之が全日本学生選手権(軽量級)に出場した。

昭和39年以降も団体は関西学生大会にてベスト8を確保するも、6校枠には入れず惜しくも全日本学生大会出場は逸したが、個人では40年に高田実三段(中量級)、渡部正勝三段(軽量級)が全日本学生選手権に出場を果たした。又県内においても関西学院に県学生大会第一回より連敗を続けていたが、昭和44年の決勝は32とあと一歩であった。しかし個人においては仙波隆一郎が関学大、三輪鐘一を延長戦の末下し、見事甲南大の初の優勝の快挙を成し遂げた。

昭和45年の県学生大会の決勝ではついに関西学院大学を32で退け、念願の初優勝を飾った。その時の主将が仙波隆一郎三段である。

仙波三段は前年の県学生柔道大会個人戦にて強豪・三輪三段(関西学院大学)を敗っている実力者であり、同44年全日本学生選手権に出場、又、甲南大学勢としては初めて全日本学生東西対抗にも出場した。東西対抗では中央大学の強豪・巨漢の増田正彦と堂々引き分けている。仙波三段の実力が大いに発揮されたのは、翌45年である。先ず、関西学生選手権(無差別)にて準決勝で近畿大学の強豪・紀野賢次三段を敗り、決勝戦に進出、山家久博三段(天理大学)に敗退したが、兵庫県勢としては初の準優勝の快挙を成し遂げた。続いて行われた全日本学生選手権に出場、早稲田大学の此松孝一三段を見事な体落としで退け、棟田利幸四段には敗退したが、ベスト16に進出した。翌日行われた東西対抗でもよく活躍し、先ず1人目、宗義明三段(法政大学)に優勢勝ち、2人は後の世界チャンピオン津沢寿志三段に敗退するも、西軍の数少ないポイントの1つをあげた功績は大である。仙波三段の卒業後も巨漢選手を擁し、安定した実力を保ち、昭和45年の初優勝以来県学生大会5連覇を成し遂げるのである。

昭和50年〜60年、この時期は毎年県学生大会の優勝校が代わり関西学院大学、甲南大学、神戸大学の実力が伯仲し、交代で優勝している。個人戦では、光本秀行三段が同5152年と甲南初の2連覇を成し遂げた。

551月、甲南柔道の指導に心血を注がれた植村三郎師範が59歳の若さで逝去された。温かいお人柄の先生の突然の死は、教えを受けた我々のみならず、多くの人々を悲しみの淵に追いやった。又、甲南学園は言うに及ばず、柔道界の大きな損失となった。

11月、福田康次二段が全国の舞台で大活躍する。前年関西学生体重別選手権で65kg 4位となり、全国大会への出場は逸したが実力をつけていた福田二段は、同55年の関西学生体重別選手権65kgで入賞できない不本意な成績ながら、この年より出場枠の増加により全日本学生体重別選手権への出場権を獲得した。全日本学生体重別選手権では1回戦より順当に勝ち進み、準々決勝にて荒川幸徳三段(日本体育大学)を敗り、見事兵庫県勢としては初めて準決勝に進出。惜しくも、山本孝章三段(東北学院大学)に敗退したが3位入賞となり、県学生柔道史に輝かしい1ページを残すものである。又、翌日行われた各階級の上位選手による選手権の部にも出場、よく健闘した。福田二段は県学生体重別選手権では、史上初の4連覇を達成している。

昭和56年に筑波大学・大学院より山崎俊輔四段(現六段)を専任教員、柔道部師範として招聘した。現役選手として全日本選手権出場を目指す山崎師範の、熱心な指導により大いに力をつけ昭和58年より県学生大会において現在迄10連覇を含む12度の優勝を果たしている。(6061年は全日本学生優勝大会の日程と重なったための不出場である。)

59年、関西学生大会にてベスト8となり、昭和37年以来2度目の全日本学生優勝大会の出場権を獲得するのである。以来、3年連続、平成元年以来6年連続出場を果たすのである。

 そして、久々に関西学生体重別選手権で活躍する選手が現れた。喜多康之三段である。昭和59年より3年連続で全日本学生体重別選手権(60kg)に出場。関西学生体重別選手権においても同年より2年連続で3位入賞している。同61年の全日本大学体重別選手権でも3位入賞を果たした。

又、次いで登場したのが上出正彦三段である。上出三段は同60年の全日本学生体重別選手権に出場。同61年には全日本大学柔道連盟のフィンランド遠征団のメンバーに選ばれ、初の海外遠征を経験した。又、全日本大学体重別選手権(71kg)において同612位、同623位と入賞を果たし、又、本県勢としては、空前の講:道館杯全国体重別選手権に2度も選抜され出場し大いに活躍した。63年の同大会では前学生チャンピオンの青井久幸三段、後の学生チャンピオンの小黒沢三段を次々と敗り見事ベスト8に進出する快挙を成し遂げた。

この時期、県学生柔道界にとって忘れられない、重要な出来事があった。それは昭和608月に行われた、学生のオリンピックといわれているユニバーシアード神戸大会が行われたことである。本柔道部員達もそのほとんどが、補助役員として各部署において、大いに活躍した。

昭和62年、神戸市友好使節団として中国への遠征を挙行した。以後、平成3年にはフランス、平成8年にはオーストラリアへ遠征し、柔道を通しての国際親善に大いに貢献している。

昭和63年、学生柔道界の紛争も解決し、この年の全日本学生優勝大会は統一記念日本学生優勝大会と銘打ち、全国よりオープン参加で実施された。本学も参加し健闘した。

この年入学した植木輝三段は新人ながら、この年全日本学生選手権・東西対抗に出場、以後4年連続出場。

平成になり本学は益々充実、毎年全日本学生選手権・同体重別選手権に出場する選手を輩出している。又、全日本学生優勝大会にも6年連続出場を果たしている。

平成3年には槙省二三段(65hg)が全日本ジュニア体重別選手権に出場、同4年の全日本学生体重別選手権にてベスト8に進出、同5年も出場、そして世界選手権の第一次予選の講道館杯全国体重別選手権に出場、優勝した大熊正彦四段(当時東洋水産)に対し、先に「効果」を先取するも残り1秒にて逆転負けを喫するも大健闘した。後に大熊四段は当時を振り返り「完全に負けていました。」と話していた。この頃の県学生大会では、曽我部晋哉三段(71kg)が体重別選手権にて3連覇、全日本学生体重別選手権にも出場。宮之前廣和三段が県学生大会個人戦、県学生体重別選手権にて両大会共に4連覇(平成4年〜)を達成する前人未到の大記録を打ち立てた。

平成55月、甲南柔道の生みの親であり、その生涯をかけて甲南柔道の指導、育成に尽くされた後藤素直名誉師範が94歳の天寿を全うされた。正に巨星墜つである。我々は心の支柱を失い深い悲しみにくれたのである。

平成6年、関西学生体重別選手権において金井友一二段が60kg3位となり、翌8年にも3位となり、全日本学生体重別選手権に出場した。この年、3名を全国大会に送り出した。又、巽由光二段が全日本ジュニア体重別選手権近畿予選86kg 3位となり、全国大会へ出場した。

この頃女子も良く活躍し、平成4年〜8年まで連続で全日本女子学生優勝大会へ出場した。又、平成56年には関西女子学生優勝大会にて3位入賞とよく健闘した。

平成7年以降も団体においては毎年全日本学生優勝大会出場を果たし、個人でも毎年全日本学生体重別選手権への出場者を輩出している。その中でも平成9年には関西学生大会において、強豪同志社大学と対戦、この強豪を見事21で下し、ベスト8に進出。柔道部史上初めて同志社を下した歴史に残る一戦であった。又、翌10年には星城高校でインターハイで活躍した小島宏之が入学、7月の全日本ジュニア体重別選手権近畿大会にて優勝の快挙を成し遂げた。

平成11年は新設された関西学生体重別団体大会において準々決勝にて、京都産業大学と対戦、一進一退の攻防の末、代表戦となり惜しくも敗れたもののその健闘ぶりは実に見事であった。

平成12年には第4回目の海外遠征としてアメリカへ遠征。多大なる成果を挙げて帰国した。又同年の関西学生体重別選手権では主将山下明善が100kg超級にて3位入賞を果たした。同年7月に行われた関西学生体重別団体大会において丶本学始まって以来の快挙を成し遂げる。それは準々決勝において強豪同志社大学を退け、見事準決勝に進出、京都産業大学に敗退するも第3位と歴史的な成績を残した。

平成13年は、甲南大学開学50周年の年にあたり、大学よりの記念のプランに柔道部が当選し、9月にフランス遠征を挙行した。

 

Copyright(C)2008 Konan Juyukai. All Right Reserved.

  • ウェブ全体を検索
  • 甲南柔友会のサイト内を検索